メール1通でLPガス費用を簡単に削減!

LPガスの切り替えをしたい! 切り替えのやり方と手順について

カテゴリー

LPガスの会社を変えたい、別の会社へ契約を切り替えたい、そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

様々なブログ記事やCMで言われていますが、現在払っているLPガス(プロパンガス)の利用料金が高いと感じた場合はガス会社を変更することで安くできる可能性があります。

しかし、いざ変更をしようにも具体的に何をすれば切り替えが出来るのでしょうか。

今回はLPガス会社の切り替え方法と手順について紹介していきたいと思います。

今回のポイント
1.借家等でなければガス会社は自由に変更ができます
2.無償貸与契約をしている場合は切り替え時に違約金が発生します
3.複数のガス会社を比較しながら切り替えましょう

変更前に確認したいこと

現在の契約内容を確認しよう

まずは現在の契約内容を確認しておきましょう。

より良い契約内容を求めて変更をするのですから、比較用に控えておきましょう。

現在の料金設定を確認しよう

現在ご契約中のLPガス会社の料金設定がどのようになっているか確認しましょう。

LPガスの料金設定はそれぞれの会社が独自に決定できる自由価格制ですが、ほとんどのガス会社で「二部料金制」と呼ばれる料金体制を採用しております。

これはどれだけガスを使用しても変わらない「基本料金」と、ガスの使用量に合わせて変わる「従量料金」の二つの合計がガス料金になるため、これら二つを比較したいガス会社で比べることでどれだけ安いのかを調べることが出来ますので、参考にしてみてください。

契約書

違約金発生の有無をチェック

新規にLPガスを導入したお客様の場合、契約解除時に違約金が発生する可能性があります。

LPガスを契約した時に「無償貸与契約」も一緒にした場合は既に支払いは終了しているでしょうか?

まだ契約期間中の場合ですと違約金が発生してしまうので、契約の有無はよく確認しておきましょう。

しかし無償貸与契約とは何か知らないという方もいるでしょう。

新規導入をした覚えがあるお客様に思い出してほしいのですが、LPガスの設置に関係するガス設備の設置工事は一括でお支払いしましたでしょうか。

払った覚えがないなら無償貸与契約を結んだ可能性が高いため、契約書を確認するか、直接問い合わせるようお願いいたします。

無償貸与契約については別の記事で説明しておりますので、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

LPガス設置にかかる費用はいくらなの?「無償貸与契約」って何?

まだ支払いが終えていない場合は未払い分をまとめて支払わなければならなくなるため、一回で支払うには大きな金額になってしまうかもしれません。

この時、次に契約を行うガス会社がその違約金を肩代わりしてくれることがあります。

無論、この違約金は支払う相手が代わるだけで引き続き支払いを続けなければいけませんが、一度に大きな金額を支払う必要性がなくなるため、その分契約変更のハードルが低くなります。

契約

LPガス切り替えの手順

①新しいガス会社を探しましょう

現在使用しているガス会社との契約内容について確認が出来ましたら新しいガス会社を探していきましょう。

様々なガス会社が乱立している中から探すのは難しいですが、まずは地元のガス会社に絞って料金プランを比較していきましょう。

本来であればホームページで料金設定などは公開しているものですが、中には公開していない会社もあるので、そのような場合は直接連絡を取り聞き出しましょう。

情報を公開しないことは不信につながるので、対応が悪ければ別の会社を探しましょう。

この料金設定で注意していただきたいことなのですが、中には極端に安い値段を提供しているLPガス会社も存在していて、このようなガス会社には注意が必要である点です。

極端に料金が安いと、契約時は安くても後々料金が高くなる可能性があるためです。

そのような悪徳業者を避けるためにもガス会社へ直接確認することはとても大切です。

②見積りを出してもらう

複数のガス会社を比較して、見積もりを出してもらったら、よく考えましょう。

それで納得できるガス会社が見つかりましたら、そこに連絡を取って来てもらい、実際に変更した場合にいくらになるのか見積もりを出してもらいましょう。

それも納得が出来るガス会社なのでしたら、契約に移ります。

契約書もよく確認しておき、質問をして疑問点をなくしておきましょう。

③ガス会社の解約手続きをする

次のガス会社と契約が出来ましたら、これまで使っていたLPガス会社に連絡をして解約手続きをしましょう。

ガス会社の解約手続きは新しいガス会社と前のガス会社との間で代理ですすめてくれることもあります。

確かに代理で任せると楽ではありますが、後のトラブルを回避するためにも、解約手続きで発生する義務や費用について事前に確認したうえで委任状にサインをしましょう。

④ガス供給設備について

ガスの供給設備は設置した会社の所有物なので、会社を切り替えるときに設備も交換する必要があります。

そのため、前のガス会社と新しいガス会社とで撤去の方法や日時について調整をしましょう。

⑤切り替え工事と試運転

調整が出来ましたらLPガス供給設備の切り替え工事を行いましょう。

撤去に関しては会社それぞれで規定がありますので、気になる方は連絡を取った日に確認をしてみるといいでしょう。

切り替え工事自体は30分から1時間程度で完了します。

供給設備の設置などの工事が完了したら、安全点検やテスト運転を行います。

試運転が終了すれば、ガス会社の切り替えは全て完了したことになります。

コンロ

簡単に優良なLPガス販売店を見つける方法

ここまでガス会社の切り替え方法について書いてきましたが、数あるガス会社の中から良いガス会社を見つけるのが面倒くさいという方もいらっしゃるでしょう。

そんな時は「ガスの安売り王」にご相談ください。

「ガスの安売り王」は地域最安値の優良ガス会社を紹介させていただきます。

是非お気軽にご相談ください。

男性社員

今回のまとめ

今回はLPガス会社の切り替え方法と手順について紹介させてもらいました。

ガス料金は自由料金のため、自由にガス会社側で価格を設定することができます。

そのため現在契約しているガス会社が設定している価格が相場より高い場合もざらにあります。

相場と比較して高い場合は遠慮なくガス会社を変更してしまいましょう。