メール1通でLPガス費用を簡単に削減!

LPガス料金の比較 – LPガスのガス料金や販売店はどうやって比べればいい?

カテゴリー

LPガス(プロパンガス)料金は契約前にきちんと比較をしておかないと、あとで後悔することにもなりかねません。

LPガスを契約するなら、しっかりとLPガス料金や契約内容を比較することが大切です。今回はLPガス料金を比べる方法を紹介していきたいと思います。

今回のポイント
1.LPガスは会社により価格がかわるため比較してみよう
2.契約時に安すぎる場合は後の値上げに注意
3.もしわからない部分があるようでしたら質問して確認しましょう
お金

なぜLPガスの料金を比較するべきなのか?

中古住宅の購入した時に、すでにガスメーターとガスボンベがついていても、そのガス機器を所有しているLPガス会社と契約する必要はありません。

引越しやマイホームの新築にあたって、LPガスの契約が必要ですか?また、ご自身のお店をオープンされた場合も、新規にLPガスの契約が必要ですね。

LPガスの契約先を選ぶとき、誰もが一番気になるのはやっぱりその料金。一方、引越し等の準備に追われて十分にLPガス料金・LPガス販売店を比べないで契約してしまう、そんな方も少なくありません。

どんなに忙しくても、LPガスの料金はよく比べて選ぶべきです。

その理由をまずは確認してきましょう。続いて、きちんとLPガスのガス料金を比べるためのヒントもご紹介します。

理由1:LPガスのガス料金は販売店によって違うから。

まだ十分に認知されていないのですが、LPガス料金は、自由料金制です。LPガス料金は、水道料金のように公的な規定があり、それに沿って料金が決定されているわけではありません。それぞれのLPガス販売店がそれぞれの基準に沿って、料金を設定しているのです。

もちろん、自由といっても好き勝手に料金を決めているわけではありません。通常はどこの販売店もLPガスの仕入れ価格や販売コスト、そして利益のバランスを考えて小売価格を設定しています。しかしながら、いわば言い値で、不当に高いLPガス料金を定めている販売店も全くゼロというわけではありません。同じ契約地域のLPガス料金にも関わらず、ガス会社間でなんと2〜3倍もの料金差があるというケースさえもあります。

そのような高すぎるLPガス販売店を運悪く契約してしまわないためにも、よくLPガスの料金を比べることが重要なのです。

住まい

理由2:「安すぎる」LPガス料金を把握することができるから。

「LPガス契約の勧誘があった。料金表をもらったら、かなり安くて感激。」そうなるとすぐにでも申し込みをしてしまいたくなりますね。ただし、あまりにLPガス料金が安いところも注意が必要です。

「安いLPガス販売店とは契約をするべきではない。」ということではありません。ただし、中には最初だけ顧客獲得のために非常に安い料金を設定し、契約後に徐々に値上げをしていくという販売店も存在するようです。そのため、 他社と比べてLPガス料金がかなり安い場合は、契約条件などをよくチェックし、販売店にもよく質問をして確認するという、一歩踏み込んだ注意をする必要があるということです。

極端にLPガス料金が安くないか否かも、他の販売店のLPガス料金と比べてみることでわかりますね。

理由3:LPガス契約の訪問販売にまつわるトラブルが多いから。

実はLPガスの契約に関しては、トラブルが少なくありません。解約時のトラブルもありますが、訪問販売時の巧みなセールストークで思わず契約をしてしまったが、後悔している。そんなパターンも目立ちます。LPガスの訪問勧誘があった場合は、とにかくその場で契約をしてしまわないことが肝心です。

「今の販売店の検針票を見せてください。」や「今、契約中のLPガス販売店の料金がこの地域で一番高いんですよ。」というよくあるセールストークから始まり、ついつい断り切れずに契約してしまう、という例がありますので注意が必要です。また「今のLPガス料金は高い。」と言われても、その言葉を鵜呑みにせずに自分でLPガス料金を比べてみることが大切です。

悪徳業者

LPガス料金をきちんと比較するためのヒント

上記までで、なぜLPガス料金はよく比較した方がいいのか理由を説明しました。続いて、実際にどのようにLPガス料金を比べたらよいのか具体的にそのヒントを紹介していきます。

 LPガス料金の中身を理解しておこう。

今現在、すでにLPガスを利用している方ならば、明細書(検針票・請求書)を確認して、現在の料金がいくらなのかよく理解しておくことが大切です。

LPガスの料金は、基本的に「基本料金」と「従量料金(m3あたりの料金)」で成り立っています。稀に異なる料金体系が適用されていることもありますから、この点も含めて明細を見て、きちんと確認してみましょう。

LPガス料金の毎月の明細書には 基本料金、従量料金、使用量が明示されることになっています。しかしながら、この決まりを守らずに基本料金の単価や従量料金を明細書に明記していないガス会社も残念ながらあります。その場合は契約しているLPガス販売店に「基本料金」と「従量料金」の単価を問い合わせましょう。

もちろん、毎月の合計金額だけで、高い・安いを判断してはいけません。なぜなら、ガスの使用量によって最終的なガス料金は決まるからです。「基本料金」と「従量料金」の単価をよくチェックしなければなりません。

明細で、LPガスの「基本料金」と「従量料金」を確認しましょう。正しくガス料金を比較するための第一歩です。

領収書

他の販売店から、LPガス料金の見積もりをもらおう。

LPガス料金を比べるならば、他社の料金を知っている必要があります。もし、料金をホームページ公開しているLPガス販売店があるならばそちらで確認をすることができますし、そうでない場合は、販売店に連絡をしてLPガス料金の見積もりをもらいましょう。

もし新規、もしくは全く初めてLPガスを契約するならば、ガス料金そのものだけでなく、配管工事費、契約条件(違約金)も確認しなくてはいけませんから、それらの書類も必要です。

できるだけ多くのLPガス会社から見積もりをとれば、地域のだいたいの相場を把握するのにも役立ちますし、うっかり高額なLPガス料金を契約してしまうリスクを防ぐこともできるでしょう。正しくLPガス料金を比べるためには、やはり数社から見積もりをもらうことが必要です。

料金表・見積もりを見て分からないことがあったらきちんと聞く

LPガス販売店を「比較」し、「選ぶ」。これがとっても大事。

LPガスの見積もり内容に不明点があればきちんと確認をしましょう。特に、ガス機器の無償貸与などは注意が必要ですから、よく理解をしておくことをおすすめします。また、きちんと質問に答えてくれるか、対応が安心できるかという面も確認することができますね。

自分の意志だけで決めるのは不安と言う方は、「ガスの安売り王」にご相談ください。

LPガスを安くするには

新規契約でも販売店の変更でも、LPガス料金は比較して選びましょう。戸建て持ち家の方、賃貸物件や店舗のオーナーが対象です。

ガス屋

今回のまとめ

今回はLPガスの料金比較について紹介させていただきました。

地域や販売店によって料金は異なります。

だからLPガスの料金比較が大切です。

LPガスの平均価格はお住まいの地域によっても大きく異なりますので、ご自分の地域の平均料金と比べる事が重要です。

平均よりもLPガス料金がやたらに高い・・・そんな場合は、今契約しているLPガス販売店に交渉するか、他の販売店への切り替えを検討した方がよいかもしれません。

しかしながら、平均価格はあくまで平均価格であり、山間地にお住まいの場合は個別配送の費用でどうしても料金が高めということもありえます。逆に平均よりも安くてもさらにLPガス料金が安くなることもあり得ます。

気になったら、やはり他のLPガス料金を調べて比較をしてみることで、正しい判断をすることが可能になります。

お問合せ